デンソー健康保険組合
 

 

HOME>【保険給付】交通事故・傷害事故等にあったとき
文字サイズ | |
交通事故で健康保険を使うには必ず届け出
 交通事故や傷害事故などで病気やけがをした場合、その治療は健康保険で受けられます。しかし、その医療費は本来加害者が支払うべきものですから、健保組合からの給付は一時立て替えに過ぎず、後日、健保組合から加害者または自動車損害賠償責任保険等に請求することになっています。

交通事故や傷害事故等による病気やけがの治療も健康保険で受けられます。
交通事故や傷害事故等により医療機関を受診した場合は、すみやかに健保組合へご連絡ください。
どんなとき
<条件>
(1) 交通事故にあったときや、負傷の原因が明らかに自分の過失のみではなく、第三者の行為による事故にあったとき。
相手がある事故(相手に少しでも過失あり)で負傷したとき。
自損事故(相手がいない単独事故)で同乗者が負傷したとき。
けんかや暴行等で負傷したとき。
所有者の管理不十分なペット等により負傷したとき。
(2) 自損行為等により交通事故にあったとき
自分の過失が100%の事故で負傷したとき(信号無視やセンターラインオーバーなど)。
ひき逃げ・当て逃げ等相手が不明の事故で負傷したとき。
 手続き方法
なにを
<申請書・請求書>
上記(1)の場合 「第三者の行為による傷病届」を提出。
上記(2)の場合

「負傷原因報告書・自損行為による事故状況報告書」

を提出。


くわしくは「注意事項」ページをご覧ください。
どのように
上記届書に、
被保険者記入欄をご記入のうえ、
「事故発生状況報告書」等の添付書類
(自損以外の交通事故の場合は
自動車安全運転センターが発行する「交通事故証明書」)と一緒に
健保組合へ提出。


添付書類については「注意事項」ページをご覧ください。
いつまでに
<締め切り>
 すみやかに。
 もしも交通事故にあったとき
できるだけ冷静に
事故が起きたときは、ショックで冷静な判断を失うことがあります。できるだけ冷静に対処してください。
加害者を確認
加害者の住所・氏名・年齢・勤務先・電話番号・自動車の種別・登録番号・自動車所有者の住所氏名・契約保険会社名・保険加入番号など。
警察へ連絡
どんな小さな事故でも、必ず警察に連絡しましょう。そして、自動車安全運転センター事務所で「交通事故証明書」の交付を受けます。 けがをし、病院で検査または治療をする場合は、必ず「人身扱い」にしてください。
健保組合へ届け出る
すみやかに健保組合へ届け出て、事後手続きなど相談してください。 人身傷害保険を使用して、自己負担分を保険会社が支払ってくれる場合も、必ず健保組合に届け出てください。
示談は慎重に
交通事故には後遺障害の危険があります。また、示談によって損害賠償を受けると、その範囲内で健康保険の給付を受けられなくなります。示談の前に必ず健保組合へ連絡してください。
前のページに戻る このページのTOPへ△
●お問い合わせ先
デンソー健康保険組合 保険給付担当
TEL:(内線) 549-220 (外線)0566-25-3122 FAX:(内線) 549-921 (外線)0566-24-6301 MAIL:kyufu@denso-kenpo.or.jp