お子さんが受診し窓口負担したとき(子ども医療費)

「乳幼児医療助成制度」がある市区町村にお住まいのお子様が医療機関で医療費の窓口負担をされた場合、自動還付されないため、申請が必要です。

保険証を提示して医療機関を受診し、医療機関の窓口で自己負担をした場合(健康保険適用分のみ)、基本的に手続き不要の自動払い方式で給付金(高額療養費・付加金)を本人の給与に(通常3ヵ月後)自動加算しています。

全国の市区町村では、乳幼児の医療費を助成(補助)する「乳幼児医療助成制度」があります。その対象年齢や内容は各市区町村さまざまで、全てのお子さんの助成状況を把握し、自動加算することが困難なため、「乳幼児医療助成制度」がある市区町村にお住まいのお子さんが受診された場合、一旦給付金の支給を停止させていただいております。よって、乳幼児医療助成制度該当年齢のお子さんが、医療機関で窓口負担し、お住まいの市区町村から還付が受けられなかった場合、健保組合への申請が必要になります。

健保組合に申請が必要なケース

Case 1 「乳幼児医療助成該当者」されている子どもさんが県外受診したため、受給者証が使用できず、窓口で自己負担分を支払った場合で、医療費の窓口負担額が、自己負担限度額より高額だった場合
Case 2 「乳幼児医療助成該当者」されている子どもさんが県外受診したため、受給者証が使用できず、窓口で自己負担分を支払った場合で、医療費の窓口負担額が、自己負担限度額より低額のため、市区町村に還付請求したが、還付されなかった場合
Case 3 「乳幼児医療助成制度」がある市区町村に在住しているが、所得制限があったため、乳幼児医療助成非該当のため、医療費の窓口負担があり、その負担額が1ケ月、1人当たり、1医療機関で20,000円を超えていた場合

お願い

お子さんの乳幼児医療助成該当の有無は、健保登録住所の市区町村の助成内容で、給付金支給の有無を決定しています。お子さんの住所が変更された場合は速やかにデンソー健康保険組合に住所変更の届出をして下さい。届出遅滞のため給付金の支払ができなかった場合は、申請が必要になります。

給付金申請の流れ

  1. 市区町村に、給付金0円証明をもらう(指定帳票あり)(電話等で確認していただき、自署記入も可)
  2. 申請書、領収書、上記1の証明書をデンソー健康保険組合に提出→支給

くわしくは「給付金支給の流れ」をご覧ください。