医療費控除を受けるとき

電子申告(e-tax)を利用する場合

D’sぽーたるで医療費控除データを作成(ダウンロード)し利用します。

1.データをダウンロードする

2.医療費が掲載されていない月分は、自分で作成してください

「医療費のお知らせ」への掲載は、最短で診療月の3ヵ月後(※)となります。掲載のない月分を申告するには、領収書を基にご自身で入力してください。

  • ※医療機関からの請求書がデンソー健康保険組合に届かない場合は遅延することもあります。

書面申告を利用する場合

申告する際、領収書の代わりに「医療費控除の明細」の添付が必要となっていますが、デンソー健康保険組合から送付している「医療費のお知らせ」を添付すれば記入を省略することができます。
ただし、D’sぽーたる「医療費のお知らせ」の印刷画面(PDF)はそのまま利用することは出来ませんので、ご注意ください。

医療費控除に「医療費のお知らせ」を利用する場合はココに注意!

  1. 「医療費のお知らせ」に記載されていないものがある場合には、領収書に基づいて「医療費控除の明細」を作成・添付する必要があります。(該当領収書は確定申告期限から5年間要保存)
  2. 申告に使用する「支払った医療費」とは、『あなたが窓口で支払った額』の金額となります。実際に負担した金額と異なる場合は、ご自身で金額を訂正してください。
  3. 申告に使用する「保険金等で補てんされる金額」とは、『あなたへの支払額』の金額となります。

12月に受診された明細について

医療機関からの請求書に基づき処理を実施するため、最短でも翌年3月上旬の送付となります。